開業する医師はとても多い

医師が開業する訳

独立する医師に理由を聞くと

少子高齢化の日本では深刻な医師不足が問題となっています。医者不足と真逆の側面として医院の過多の問題があり、開業医院は年々その数を増し、地方都市では半径500メートル以内に何らかの医療機関が2件以上あるとも言われており、駅前周辺半径500メートル以内では5件以上とも言われています。さらに、予防医学の側面を高める日本で、病気の早期発見や予防を目的とした検診や人間ドックなど検査を主体とした医療を展開し、病気の発見後は大手医療機関に紹介し、紹介先での治療となるケースも少なくはありません。そのため、高度な医療を提供する大手医療機関では医師が患者の多さに対応しきれず、深刻な医師不足の問題と労働条件を悪化させるのどの問題を大きく含み、勤務医が開業医として独立する例も多いです。独立の理由として労働に対して給与のバランスが悪いという問題があり、開業医として独立した場合と勤務医の収入差が大きいことが要因となっています。

医者の独立にはお金がかかります

医師の独立には、大きなお金がかかります。例えば、病院を建てる土地なども必要になってきます。この土地の代金は何千万円とします。また、この土地の上に建てる、病院を建設するのにも多くのお金がかかります。例えば、小さな単科病院でも、建物を立てる費用は何千万円とかかります。しかし、こうしたお金のかかる医師の独立ですが、その分メリットも大きくなります。例えば、開業した場合、診察代などは、開業した本人に入ってきます。雇われている勤務医の場合、その病院に少しだけピンハネされるのに対して、開業医の場合はそうした事はありません。また、開業した場合、地域の医療に直接貢献できるということも魅力の一つです。ですので、地域の医療に貢献したいと考えている勤務医は多くの場合、開業することがほとんどです。独立するには多くのお金がかかりますが、収入面でも増額を期待できるし、また、やりがいもアップするのです。私の知り合いの開業医も、開業をして良かったと語っています。

↑PAGE TOP