激務といわれる医師の仕事

医師の仕事は大変

医師の仕事は激務なのです

医師の仕事は激務だといわれていますが、中でも大変なのが外科医なのです。外科医は、1日のうちにいくつもの手術をこなすこともあるので、肉体的にも精神的にも疲れるのです。また、手術終了後も病院に待機して患者の様子を見守る必要があり、人員に余裕がないところでは業務を続けて行うのできつい仕事なのです。少し体調が悪いといっても休むことが容易ではありません。ですから、外科に勤務する医師はかなりの激務なので、うつ病になる人も少なくないのです。

激務に耐える医師について

医師の仕事は普通の人が思っているより激務なのです。当直業務がありますが、その前に診察などの仕事をしている人も少なくないですし、当直明けにも仕事をしている人も少なくありません。一日に複数の手術を行い、その後病院で待機して術後の観察をしている人も少なくありません。ですから、通常の会社の業務と比べると結構大変な業務なのです。ですが、そういった激務に耐えながらも患者のために医師は頑張っているのです。それは、患者の病気を早く治したいという使命感からなのです。

↑PAGE TOP