医師の服装と白衣について

医師の服装について

医師が仕事をするときの服装は

医師が仕事をするときの服装は、勤務者数の多い総合病院などでは規律が緩く、そのために髪型や服装が一風変わったドクターも多く見かけます。病院はわりと自由がきく事が多いと言えます。とはいえ、最も多いのは昔ながらの白衣姿です。これは医者以外の医療関係者が多数動き回っている病院内で、ドクターであることが一目でわかりやすいからという理由と、患者さんにとって白衣を着ていることが権威を表している事などがあげられます。もちろん、このほか手術室などで勤務する医師の場合は専用の術衣を着用しますので白衣ではない場合もあります。

医師の服装の変遷について

医師の服装と言えば白衣が一般的であると考えられています。実際に現在でもはおるタイプの長白衣を愛用している人は少なくありません。しかしながらその様な、羽織るタイプの白衣を動き回るのには現実的には不向きであると言えるでしょう。外科系の治療を行う病院等、医師が体を動かす機会が多い病院では長白衣よりもむしろ動きやすい服装を好む傾向があると言えます。いわゆるケーシーと呼ばれるタイプの服を好むケースも増加しており、多様化が進んでいます。

↑PAGE TOP