医師免許の必要性について

医師免許の精度とは

医師免許制度について

日本での医師免許は医学部を卒業後、国家試験に合格し厚生労働大臣の免許を受けなければならないとされており、厚生労働省に登録されることになります。そして研修医として2年間の初期臨床研修が義務付けられており、臨床研修を終えるとこれも登録されることになり現実にはここから医業が始まります。初期臨床研修を終えてもその後3から5年間、自分が専門とする診療科の実地の勉強をすることを後期臨床研修といい、医師の専門性を高めていく場となっています。

医師免許の事を考えよう。

医師免許は国家試験です。物凄く、勉強して獲得した免許です。ですから医者である事を、ほこりに思う事は大事だと思います。今の医療界は複雑です。難しい事や困難にぶつかる事は沢山あると思います。でも医療は最大の人助けの、お仕事です。誰でも出来る仕事ではありません。とにかく様々な病気を助ける事が出来る素晴らしいお仕事です。あと何よりも患者さんから言われる「ありがとうございます。」の一言が心に響く仕事です。だから、医師は素晴らしい職業です。

↑PAGE TOP