行政機関についての内容

行政機関での働き

行政機関ではたらくため

医療機関の種類は民間だけではなく行政側、つまり国立や都道府県立の病院、市町村立の公立病院もあります。民間の大規模な病院と比較するとそれらの医療機関においては、医師の待遇が異なります。収入は抑え気味であるものの、公務員としての身分が保証されるために手厚い福利厚生や社会的身分が保証されるという点です。医師としての社会的水準は大変高いのですが、更に公務員としての身分が加わることで、安定感は抜群であるといえるでしょう。 公務員の場合は、国や各自治体で定められた俸給表という年功序列タイプの給料表が適用されます。

医療機関への転職メリット

医師の場合は医療職と位置づけられ、その報酬は一般の行政職や公安職、教職などと比較するとかなり高額とされています。そのために転職を考えている人にとっては、選択肢に含めて検討することも良いでしょう。随時募集されているケースが多く、特に地方の医療機関においては人手不足が深刻化しているために、引く手あまたという状況にもあります。転職サイトなどを定期的にチェックするなどしながら、勤務地や診療科目、待遇などの細かな点を比較検討して、最も自分に合った案件を探すことがおすすめです。

↑PAGE TOP