医師になる為には免許取得が必須

医師になるためには

医師免許を取得する事は難しい?

日本の医療機関で働くお医者さんはすべての人が医師免許を取得しており、その上で医療サービスを患者に提供しています。医者になるにはまず医学部に入ることが先決で、医大や大学に医学部が設置されているところを受験し、合格すれば入学後に十分な医学教育とを受け、最終的に医師国家試験に臨み、資格を取得します。医師免許は医学部に入学することに比べてそれほど難しくはなく、と言うのも、すでに医学部に入り、教育を受けたうえで様々な臨床を経験し、十分な医学のノウハウを学んでいることから、合格率が高いため、97%以上の学生が国家試験に合格します。医学部生が医者になるのはそれほど難しいことではないにせよ、医大や医学部に入学することが難しく、大学内でも医学部受験が最も難関となります。さらに、私立大学であれば経済的な問題もクリアしていなければいけない為、両親の十分な理解と協力が必要となり、本人も人並み外れた努力が必要でしょう。

医者の免許を取得するためには

医師の免許を取得するためには、果てしなく険しい道のりを歩むことになります。まず、医学部のある大学に入学して医学の基礎を学ばないといけません。一般的な大学は四年ですが、医学部は六年間大学に通わなければなりません。この六年間で、病理学や生理学を学んで、大学を卒業見込みの人か卒業した人のみが、国家試験である医師免許取得の試験資格を得ることができます。しかし、この試験ですが年に一度しかありません。国家試験は難しいと思われているイメージが強いですが、この国家試験の場合は合格確率が90%と、意外と高めであり、大学でまじめに講義を受けていれば、一発で合格できると言われています。この試験で合格すれば、ようやく医師としてのスタートを切ることが出来ます。でも、免許は交付されても、立場としては研修医ですので、任される仕事は少なくて給料も少ないです。ここで経験を踏んでいき、ステップアップしていくわけです。二年間臨床研修を行って、ようやく一人前になれると言われてます。

↑PAGE TOP